読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゴンUE4&アプリ開発日記

UE4のモバイル開発やアプリ開発をメインに紹介します!主に初心者から中級者向けに紹介していく予定。

【UE4】VisualStudio2017でUE4を動かす(Windows)

今回紹介すること

  1. Visual Studio2017のダウンロード
  2. Githubのアカウントを連携しUE4のソースを取得
  3. エンジンをビルドする

今回はUnrealEngine4のソースコードをダウンロードしてVS(Visual Studio)2017でビルドする所を紹介します。

1.VisualStudio2017のダウンロード

下記リンクからVisualStudioをダウンロードします。

www.visualstudio.com

一番下のリンクの箇所から自分のインストールしたいものを選択します。(Community版で行いました。)

ダウンロードしたVisualStudioのファイルを起動します。

インストールの際に気をつける部分はC++によるデスクトップ開発を選択してインストールしてください。

(VisualStudio2015のツールも必要かもしれないです・・・・)

f:id:yoshikata1990:20170430085803p:plain

インストールが完了したらVisualStudioの設定は完了です。

2.Githubのアカウントを連携しデータを取得

次にGithubと連携してソースをダウンロードしていきます。

UE4のアカウントにGithubのアカウントを設定します。

f:id:yoshikata1990:20170430164444p:plain

上記のところにアカウントを設定すると、EpicGamesから

organizationの招待が来るのでJoinを選択します。

f:id:yoshikata1990:20170430164803p:plain

 ここまで来たらEpicGamesのUnrealEngineのリポジトリからダウンロードします。

リポジトリを指定しない場合は最新の4.15.1になります。)

f:id:yoshikata1990:20170430170557p:plain

3.エンジンをビルドする。

zipからダウンロードしてきたら、C:に持ってきて解凍します。

解答が完了したら、batファイルを2つ起動します。

順番はSetup → GenerateProjectFilesの順番です。

f:id:yoshikata1990:20170430173036p:plain

Setup.batについては、時間がかかるので注意してください。

GenerateProjectFilesを起動するとUE4.slnが作成されます。

UE4.slnをダブルクリックして起動します。

起動時にプロジェクトの再ターゲットが聞かれますが、

こちらはキャンセルにします。

f:id:yoshikata1990:20170430183959p:plain

 VisualStudioが起動したらUE4のビルドを行います。

これも10分~40分ぐらいかかります。

スタートアップビルドはUE4(VisualStudio2015)になります。

f:id:yoshikata1990:20170430184803p:plain

成功すると正常終了します!!やったね!!

f:id:yoshikata1990:20170430184806p:plain

最後にデバッグしてエンジンの動作を確認出来れば完了です。

お疲れ様でした!!

f:id:yoshikata1990:20170430185215p:plain

【UE4】映像をレンダーテクスチャーで投影する方法

今回行ったこと

今回はカメラで投影された映像をTextureにして書き出す処理を作成してみました!そのやり方とかを紹介してきます。

工夫すれば使い所があると思うので是非活用してみてください!

※ドキュメントやサンプルもちゃんとあります!!

実装の手順の紹介

1.SceneCapture2Dを配置して投影する映像を設定する。

2.TextureTargetを作成し、SceneCapture2Dに適応する。

3.TextureTargetからマテリアルを書き出す。

4.マテリアルを設定して壁などに合わせる。

以上の工程で勧めていきます。

カメラの映像を取得してマテリアルを作成する

まずはSceneCapture2Dのカメラを配置します

モードタブから『2D』で検索すると出てきます。

f:id:yoshikata1990:20170311144507p:plain

 次に描画ターゲットのファイルを作成してSceneCapture2Dに当てはめます。

描画ターゲットを新規作成するには、コンテンツのマテリアルから選択出来ます。

f:id:yoshikata1990:20170311164123p:plain

 描画ターゲットを作成したら、先程設定した『SceneCapture2D』の詳細に、『TextureTarget』に当てはめます。

f:id:yoshikata1990:20170311165515p:plain

当てはめると描画ターゲットの情報が更新されキャプチャーされるようになります。あとは描画ターゲットから新規マテリアルを生成して完了になります。

f:id:yoshikata1990:20170311170741p:plain

マテリアルを適応してみる。

今回は例としてジオメトリにテクスチャを適応して表示してみます。

見やすい感じで設定しておきます。

f:id:yoshikata1990:20170311173159p:plain

 マテリアルを適応すると同じ画面が何個も表示される形になるので、

サーフェスプロパティで、一枚で表示するようにします。

・適応前

f:id:yoshikata1990:20170311173853p:plain

・適応後

f:id:yoshikata1990:20170311174808p:plain

ここまで出来ればあとは動作を確認して完了です。

動きに合わせてレンダリングしてくれるのでだいぶ使い勝手がいいです。

f:id:yoshikata1990:20170311175357p:plain

少しわかりにくいですが動かしたものをtwitterであげておきました。

カスタマイズ例や使い所・注意点について

・マテリアルから改良することができる。

マテリアルエディタから編集ができるので便利( ・`д・´)

f:id:yoshikata1990:20170311180518p:plain

・投影してるカメラもブループリントで動かせる。

カメラのほうをブループリントから動作させたり出来るので便利(゚∀゚)

回転させたり移動させたりとか出来ます!!

 

説明はこれで以上になります。わかりにくいところがあればコメントお願いしますm(_ _)m

【UE4】プロジェクトのアップデートとアセットの引き継ぎについて

UE4でのマイプロジェクトのアップデートについて

 今回はプロジェクトのアップデート方法とアセットの引き継ぎ(UE4のバージョン互換性なしの場合)の方法を少し紹介します。

まずプロジェクトを切り替える前に、エンジンスロットにインストールする必要があります。どのエンジンもない場合はスロットの追加でバージョンを選択して追加してください。

f:id:yoshikata1990:20170305094940p:plain

そこまでできたらあとは、Unreal Projectのフォルダ(Windows版だとMy Document)の所からバージョンを切り替えたいプロジェクトのフォルダを開きます。

 

f:id:yoshikata1990:20170305101016p:plain

拡張子が.uprojectのファイルを右クリックすると、Switch Unreal Engine version...を選択すると、エンジンスロットにあるエンジンの中からバージョンを選択できます。

互換性のないエンジンにアセットを移行する方法

4.15がリリースされてアセットが対応していないものがあるかと思います。

f:id:yoshikata1990:20170305104218p:plain

このようなアセットを最新のエンジンに合わせる方法を紹介します。

※今回の方法はエラーや警告などが出ることがあります。

まず互換性のあるプロジェクトを作成します。

そのプロジェクトにアセットを追加します。

f:id:yoshikata1990:20170305105531p:plain

※今回はMixamo Animation Packというアセットを活用しました。

www.unrealengine.com

アセットを追加されたことを確認しておくといいかもしれません。

f:id:yoshikata1990:20170305111246p:plain

あとはこのプロジェクトのエンジンをアップデートします。

プロジェクトをアップデートし終わったら、一度起動して動作確認しましょう。

f:id:yoshikata1990:20170305112554p:plain

ひとまずエラーなく動きました!!

f:id:yoshikata1990:20170305112636g:plain

Mixamo Animation Packのキャラクターを当てはめて動作させます。

※エンジンのバージョンは最新の4.15でテストしています。

一旦キャラとアニメーションブループリントを差し替えても動作しました。

Ver.4.10以降からサポートされてなかったので、不安でしたが動いて良かったです(^o^)

f:id:yoshikata1990:20170305113801g:plain

今回やったことのまとめ

・エンジンの切り替えがとても楽!!

・昔のアセットを旧プロジェクトに入れてエンジンVer.を変えれば動くものもある。

・必ずしも全て動くわけではないので注意(重要)

今回移動したアセットは他のプロジェクトでもそのままファイルをコピペして動くかどうか試していないので後ほどやってみようと思います。

ブログ始めました!

このブログについて!

 このブログでは主にUE4(UnrealEngine4)アプリ開発についての開発のことを初心者向けに紹介していこうと思います~(゚∀゚)

その他知っておくといいかもねという情報も紹介もしていく予定です!!

モバイル系の情報が多くなるかも・・・?

UE4(UnrealEngine)って何?

アンリアルエンジン4の紹介gif画像

プロのゲーム開発会社が活用しているマルチプラットフォームのゲーム開発エンジンです。

今後注目のNintendo switchのゲーム開発なども可能になっていく今注目のゲームエンジンです!!

ゲーム以外にVRにもだいぶ力を入れられているのも嬉しいところ!!

※代表作品例

キングダムハーツ3

FINALFANTASY VII REMAKE

などなど多数存在!!

UnrealEngine4基本無料なのでぜひ皆さんも使ってみてください!!

UnrealEngine4はこちら!

実はアンリアルエンジン4はこの前にUDKと言うものがありました。

UDKが気になる人でチェック!!

アプリ開発って何をするの?

プログラムや画像・音楽などを合わせることでアプリを制作します。

実演などを交えて紹介していきます!お楽しみに!!

さいごに少し自己紹介

八重歯くんアイコン画像

 よしかたといいます。

広告関連システムとiOSアプリ開発を仕事でやってました。

今はUnrealEngine4を触ったりして、3Dゲームの勉強したり遊んでます!

少しでも楽しいネタを提供できるブログにしていけたらと思います!!