アルゴンUE4&アプリ開発日記

UE4のモバイル開発やアプリ開発をメインに紹介します!主に初心者から中級者向けに紹介していく予定。

【UE4】VisualStudio2017でUE4を動かす(Windows)

今回紹介すること

  1. Visual Studio2017のダウンロード
  2. Githubのアカウントを連携しUE4のソースを取得
  3. エンジンをビルドする

今回はUnrealEngine4のソースコードをダウンロードしてVS(Visual Studio)2017でビルドする所を紹介します。

1.VisualStudio2017のダウンロード

下記リンクからVisualStudioをダウンロードします。

www.visualstudio.com

一番下のリンクの箇所から自分のインストールしたいものを選択します。(Community版で行いました。)

ダウンロードしたVisualStudioのファイルを起動します。

インストールの際に気をつける部分はC++によるデスクトップ開発を選択してインストールしてください。

(VisualStudio2015のツールも必要かもしれないです・・・・)

f:id:yoshikata1990:20170430085803p:plain

インストールが完了したらVisualStudioの設定は完了です。

2.Githubのアカウントを連携しデータを取得

次にGithubと連携してソースをダウンロードしていきます。

UE4のアカウントにGithubのアカウントを設定します。

f:id:yoshikata1990:20170430164444p:plain

上記のところにアカウントを設定すると、EpicGamesから

organizationの招待が来るのでJoinを選択します。

f:id:yoshikata1990:20170430164803p:plain

 ここまで来たらEpicGamesのUnrealEngineのリポジトリからダウンロードします。

リポジトリを指定しない場合は最新の4.15.1になります。)

f:id:yoshikata1990:20170430170557p:plain

3.エンジンをビルドする。

zipからダウンロードしてきたら、C:に持ってきて解凍します。

解答が完了したら、batファイルを2つ起動します。

順番はSetup → GenerateProjectFilesの順番です。

f:id:yoshikata1990:20170430173036p:plain

Setup.batについては、時間がかかるので注意してください。

GenerateProjectFilesを起動するとUE4.slnが作成されます。

UE4.slnをダブルクリックして起動します。

起動時にプロジェクトの再ターゲットが聞かれますが、

こちらはキャンセルにします。

f:id:yoshikata1990:20170430183959p:plain

 VisualStudioが起動したらUE4のビルドを行います。

これも10分~40分ぐらいかかります。

スタートアップビルドはUE4(VisualStudio2015)になります。

f:id:yoshikata1990:20170430184803p:plain

成功すると正常終了します!!やったね!!

f:id:yoshikata1990:20170430184806p:plain

最後にデバッグしてエンジンの動作を確認出来れば完了です。

お疲れ様でした!!

f:id:yoshikata1990:20170430185215p:plain